スポーツ少年団

シェアしたる

お世話になります、毒コーチです

私が審判の時だけバケツひっくり返したぐらいの雨が降ります

今日もくだらない話、くだばな

スポーツ少年団

こないだの小学生の練習試合で出来事

スポ少のお父さんコーチが毒コーチに話しかけてくれた

「毎年、毎年、なんでそんなに強いんですか?セレクションはされてないですよね?」

※中の上、上の下ぐらいですよ

お世辞も交えながら言うてくれてるんやけど、でもその人は真剣に自分の息子の学年をどーにかしたいと悩んでるそうで・・・(危ない臭いするけど)

毒コーチの答えは

「クラブチームだからですよ」

下っ端の下っ端、雑草の人間やけど、サッカーを生業として生きている以上、それと真剣に向き合ってやってたら

「強い」「楽しい」「上手くなる」とか何か1つぐらいは、他所から見てもお金を払う価値があると思えるような集団にせんとアカン

「ボランティアであんなにやってくれてるんだから・・・」

そんな言い訳はないからね

もちろん少年団にもプロを超える素晴らしい指導者がおることも知ってる

お金をもらってる以上はそれを凌ぐ指導者になる必要がある

そんな使命感?みたいなのがチームをよりよい方向に進めていく

「クラブチームやから」って一言にはそんな思いが詰まってる

クラブチームがいいのか?

ほなら日本のスポーツがクラブチームが絶対にえぇのか?

って言われると話は変わってくる

子供のスポーツでも勉強でもなんでもやけど、子供に対しては親が手をかける必要が絶対にある

かける過ぎるやつもおれば、かけなさ過ぎるやつもおる

クラブチームに預けたからそれでOKって訳ではない

保育園に子供を預けたら躾は保育園に丸投げではアカンのと同じ

塾に行かせれば勉強すると思ってるのと同じ

そんな意味では少年団には親子の関りってところで、よいところもあると思う

親との関りの距離を取るクラブチームもあるけれど、そんなチームの指導者も保護者の不満を言うてるから「??」って思う時がある

中学生になれば関りは自然と減って来ると思うけど、小学生の間はどーしても必要

「クラブ少年団」ぐらいの感じがえぇんやと思う

どっちにも振り切れてないから難しいけどね

多くがそんな感じでいろんな悩みを抱えながら

「子供のサッカーだけと向き合いたい!!」と愚痴をこぼしながら、理想のクラブを目指して頑張ってるけどね

あぁ~何が言いたいか分からんようになった

このバッキャンロ―――!!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

毒コーチ推奨DVD
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
ツールバーへスキップ