「愛というとるが」本気で人と向き合う人が書いた本

シェアしたる

前回紹介した「子供を殺してくださいと」と言う親たち

毒コーチは相当な衝撃を受けた1冊だったので、今日はその著者の押川剛氏の作品を紹介します。

      スポンサーリンク

「愛」というとるが

押川氏の経歴は前回も書きましたが簡単に紹介しときます

押川氏の経歴

1968年福岡県北九州市に生まれる

1992年専修大学商学部中退 トキワ警備を創業

1996年説得による「精神障害者移送サービス」を創始

2001年「子供部屋に入れない親たち」を上梓

2002年社名をトキワ精神保健事務所に変更 代表の座をゆずり、「押川剛」個人としての活動をはじめる
北九州市内に若者の自立・更正支援施設「本気塾」を設立

2007年ジャーナリストとして〝ハーレム男〟のその後を追跡。ドキュメンタリーとして放送される。その後も、押川の活動を追ったドキュメンタリーが多数放送される

2013年精神保健福祉法改正をふまえ、新たな業務を立ち上げる

出典:トキワ精神保健事務所

精神医学の専門家はないですが、心の病の人とその家族と正面からぶつかって対話している尊敬すべき人物です。

前回紹介した「「子供を殺してください」という親たち」は精神障がい者移送サービスという仕事の現場で起こる出来事をリアルに描かれていましたが、「愛」というとるがは押川氏がその仕事を通じて感じた「愛」の重要性について書かれています。

崩れた親子関係を山ほど見て来た押川氏だからこそ書ける親子のありかた

例えば押川氏の経験によると、子供の問題で親が相談に来るとき

息子が問題で相談に来るときは母親が、娘の問題の場合は父親が相談に来る傾向があるそうです。

そして相談の場に現れなかった方の親と子の関係が崩れていることが多く、そして問題を抱える子供とその親の言動や行動がやはり似ているそうです。

受験勉強によるストレスで崩れていく子供の話などは、スポーツでも同じでプレッシャーがかかり過ぎると心のバランスを崩す可能性があると考えさせられました。

崩れた親子関係から見えてくる「愛」の重要性、子育て世代の方にはいろいろと感じることがたくさんあると思える、おすすめの1冊です。

ツールバーへスキップ