毒コーチもお手上げの保護者

シェアしたる

少年サッカー 下手 話を聞かない

右ひざがボロボロの毒コーチ

「右膝前十字靭帯断裂、右内側半月板損傷」選手としては致命的な毒コーチの右ひざ、指導者なら全然OKかと思ってたけど、車の運転でも少し支障が出てきて大変・・・

      スポンサーリンク

もうお手上げの保護者

毒コーチが気にかけて何度も何度も更生を促したが結局、毒コーチもお手上げで諦めた保護者の話。

毒コーチのチームの小学校高学年の男の子

漫画に出てくるような「バッキャンロー」

サッカーは本格的な下手くそ、何年やってもルールも覚えない

みんなにバカにされてるけど、みんなに必要とされてるチームにとって「大切なバカ

でも、残念ながら練習や試合に1/3ぐらいしか出席しない。

毒コーチの未来予想ではこのままいけば「ヤンキー確定」、親見たら分かる

サッカーだけでも自分を支えてくれる柱になるものを作っておいて欲しい、そう思って毒コーチは必要以上にこいつにかまう

普通なら1/3しか練習や試合に来なければチームに居場所なんてすぐになくなる

でも毒コーチがかまうもんやからチームにはこいつの指定席がある。

子供たちの輪の中から外れることは絶対にないし、バスの移動の時は助手席、ベンチでは毒コーチの隣

「俺はいつ試合に出るん?」

「出すか!お前みたいな下手くそ出せるか!そこで座って話を聞いとけ!」

「はーーーーい・・・・・」

そんなこと言いながらも、最後の2分か3分、もしくは大きく点差が離れた試合の後半でエースに子守を頼んで出場させる。

試合に出ても味方の邪魔ばっかりで「O」どころか「-1」の存在

「お前!味方のドリブルのボール取るなよ!!」ってチームメイトから笑って怒られてる

ぜひ、このままこうやってバカにされても輪の中の一員として「大切な存在」であって欲しい。

違う環境でも自分の居場所を作れるようになって欲しい、そう思って毒コーチはかまってる。

保護者へのアプローチ

毒コーチはこの子の保護者に何度も頼み込んだことがある

「OO君はサッカーがまだ上手じゃないかもしれません、でもチームにとっては必要な存在で仲間もOO君を必要としています。

1度OO君の試合を見に来られませんか??

サッカーをしている姿より、チームの仲間と上手く交流するOO君をみてあげてください。

その姿をみたら、きっとOO君にとってサッカーが大切なことを今より気付いてもらえると思います。

お忙しいと思いますがご協力お願いします。」

こんな感じのメッセージをメール、会って直接、何回も発信し続けた

でも残念ながら・・・いよいよ試合の出欠も入れてもくれへんようになったし

試合にもほとんど来なくなった。

練習にはたまに来てるから、首の皮1枚でまだ繋がってるけど

まもなくそれも切れるやろう・・・・

このブログを読んでるような保護者はサッカーに熱心で、ありえへん世界の話かもしれへん

けどやっぱり親の中には自分が1番で自分の事の次に子供が来る親山ほどおるのが事実

毒コーチがもっと子供と向き合ってくれ!っていくら殴り込んでも

それは逆に面倒くさがられて離れていく結果になる。

はぁ・・・・サッカーだけを教えてないねん、子供だけを教えてないねん
このバッキャンロ―――!!

少年サッカーのブログランキングに参加しています。

少年サッカー部門でまさかの人気、なんでこんなブログが人気あるねん?
こいつクソ指導者やな!と思ったら下のバナーで1票お願いします。

【PR】スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)

【PR】インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」

ツールバーへスキップ