分からへんけど

シェアしたる

 

今日は前振りなしで

 

いよいよこの毒コーチもそろそろ終わってもえぇんかな?

と思うようになってきた。

 

終わりって決めたわけやないけど、5年以上書いてきて最大にピンチなんやと思う、分からんけど、まだ書けるからいける気もするけど

 

コロナで全てが厳しい状況、そんな大変な状況から生まれてくるのは

批判、中傷ばっかりの世の中

 

一度人間はリセットして一からやり直した方がえぇんちゃうか?と思ってしまう

リセットしても同じやろうけど

 

子供たちのサッカーもどんなに時間が流れても、子供のすべてを支配しようとする大人たちは変わらない

だからこそ目の前の子供に「子供たちのサッカーは誰のものでもないあなたのものだ」と伝え続けてるけど、それを毎回上書きで更新されて

誰かに認められることに必死になってる

 

何年かに毎に訪れる深い深い谷の底、光も届かない真っ暗な世界

自分と向き合うのには最適な環境

そのまま暗闇に飲まれるか、もがいてもがいて這い上がれるか?

 

子供たちの笑顔を受け止められずに、自分の体をすり抜けていくような感覚

それをなんとかしようとすればするほど、抜けていく

無色透明な体は闇の中では消える

 

子供たちに向けた声は風もないのに空に舞い上がる

 

誰かの為に何ができるか?今の自分を保つことで精いっぱい

 

まだ書ける、またいつか駆ける、まだ夢は描ける

 

言いたくないけど「助けて欲しい」

ツールバーへスキップ