続けてこその力、分かっているけどやめてしまう

シェアしたる

緊張 少年サッカー

すみません、2日連続書いてから後悔した毒コーチです

      スポンサーリンク

続けるのは難しい・・・

指導者のみなさんなら絶対に経験のあることやと思うお話

サッカーのトレーニングはホンマにいろんな種類のトレーニングがある

フィジカルのトレーニングなどいれるとこれはもう星の数ほどあると思う

研究熱心な指導者なら今までにいろんなことを試してきたと思う

チームとしての個性を出そうと思うと、他とは違うトレーニングをなんて考えて新しいことにチャレンジしたくなることもある

毒コーチもいろいろ考えたことがある

一番失敗したのはダンスのステップを取り入れて素早い足の動き、全身のコーディネーショントレーニングができないか?と思っていろいろ考えてチャレンジしたことがある。

一番の問題は自分がこれっぽっちも踊れないのに子供に教えられる訳がなかったこと

なんとか簡単な動きだけでもと思って人目に触れないところで練習して子供たちと一緒にやってみたけど、なんのこっちゃ・・・みたいになってすぐやめた

でも、これも続けていれば子供たちのウォーミングアップとかには充分仕えたかもしれない

しかも、周りからみても楽しそうやん?

挫折よね挫折

ストレッチ、ヨガ、体幹トレーニング、ラダーなんでもかんでもやるのは難しい

でも短い時間でもコツコツ続ければ何かしら効果がある

トレーニングは何を選ぶかも大切やけど「効果を焦らず続ける」ことが最も大切

特殊なトレーニングをやってるチームを見つける度に、どんなトレーニングか?効果はどうなのか?よりも先に

「すげーなー、あの指導者さんは続ける力があるんやな」

って思ってしまう。

こんなこと続けて意味あるんかな?そう思った瞬間止めたくなるけど

最初に出てくるその壁を超えられるかどうかが大変なんやと思うわ

諦めんと頑張りや!!
このバッキャンロ―――!!

少年サッカーのブログランキングに参加しています。

少年サッカー部門でまさかの人気、なんでこんなブログが人気あるねん?
こいつクソ指導者やな!と思ったら下のバナーで1票お願いします。

【PR】スポーツ専門のアルバム作成 卒団記念に1冊お試し割引

【PR】インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」

ツールバーへスキップ