「次やったらカード出すよ」

シェアしたる

イエローカード 毒コーチ

ドラマ「砂の塔」が面白いね、ドロドロし過ぎてて毒コーチは集合住宅苦手です。

まだ1話が放送されたばっかりやから一緒に観ようよ

      スポンサーリンク

「次やったらカード出すよ」

審判の殺し文句ね、脅し文句ね

ならそこで出せばいいじゃねーーーか!って思う

選手に対する口頭での注意として使ってる言葉なんやろうけど、口頭注意と脅しは違うやろ?

例えば

審判の判定に対して不満を訴える選手がいた

「審判の判定に対しては講義しないでください」これなら口頭注意で「はい、分かりました」って聞けるけど

「審判に文句言うな!次、やったらカード出すぞ!」って言う態度はレフリーとして尊敬できる態度なんかな?

少年サッカーの審判は選手を育てるのも仕事よね?

審判としての大人の振る舞いを見せるのも役割とちゃうかな?

「次やったらカード出すぞ!」って子供を脅すような態度はどうなんやろ?

今までに何人か見たことある、ジャッジに暴言を吐く指導者に

笑いながら「申し訳ないですが抗議はやめてください、お願いします」って注意してる審判

100%その後にジャッジへの不満はなくなってた。

審判の時だけ子供へも丁寧な言葉を使う審判も見たことある。

逆に子供が背筋を伸ばして丁寧な言葉で対応してたよ

審判はできればやりたくない、ましてや小さな大会でも勝負のかかった試合は嫌なもんよ

でもせっかくやるんならミスジャッジしてもいいから、真摯で紳士な対応で審判ができればえぇねんけどね

暑い中、寒い中、審判して文句言われたらさすがに嫌になることもあるわ!!
このバッキャンロ―――!!

週末もブログ更新するから、押して押して

【PR】スポーツ専門のアルバム作成 卒団記念に1冊お試し割引

【PR】インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」

ツールバーへスキップ