感謝をさせようとする

シェアしたる

おはようございます、毒コーチです

いよいよ2019年も残りあと少しですね、毒コーチも本業は29日までで終了です。

今日もくだらない話、くだばな

      スポンサーリンク

感謝をさせようとする

毒コーチ子供たちのこんな言葉に常に違和感を感じてます

「僕たちのサッカーを支えてくれた両親、コーチやこの試合を開催してくださった方に感謝しています」

大事なことやとは思う、毒コーチのチームの選手がインタビューを受けた時もそんなことを言うようになってる

なってるけど、心の底では「ホンマか?」って思う

小学生の時にそんなこと考えた?サッカーをやらせてもらってるのは両親、コーチほか自分のサッカーに関わる全ての人のおかげって思った

それを伝えることは必要かもしれへんけど、小学生がそれを理解するのは難しいと思うよ

今その時に感謝してもらわんでえぇねん、お前らが大人になって子どもを持った時、今の自分と同じような立場になった時に「ありがたかったなぁ・・・」と振り返ってくれたらえぇねん

だって経験が圧倒的に少ないやもん、人は経験したからこそその人の気持ちを少しは理解できるようになる、経験してないことはなかなか理解が難しい

歌を聴かせても心には響かへん

子供のサッカーで経験があって相手の気持ちが理解できて、子供たちがしっかりと態度で現わさんとアカンのは「敗者に対する敬意」やと思うよ

その年齢に応じた感謝、敬意の表現があるとい思うけどな

このバッキャンロ―――!!

毒コーチのLINEスタンプ 絶賛発売中!

↓↓毒コーチのブログの応援ボタンですm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

毒コーチ推奨DVD
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

ツールバーへスキップ