分かってるなら伝えておいてくれ

シェアしたる

おッハーーー!毒コーチです。

adidasのスニーカーに詳しい方、お友達になってください

今日は小学生→中学生の受け渡しの話

あんたの責任やろ・・・

ジュニアユースの子ども達がどんな成長をしてるのか?

そりゃジュニアの指導者からしたら気になる話題

エスカレーターで上がった選手ではなく、他所から入った選手は所属していた指導者から

「あいつはどうなりましたか?」ってよく話題になる

「頑張ってるよ~」って、適当に会話するけど、話が長くなることもある

「足も速いけど、まだまだ考えが追いつかんよね」

「そりゃあいつは小学生の時から速いだけが売りやったから」

「1か所しかでけへんから、今はポジション変えてチャレンジしてるみたいよ」

「あいつはそこしかやらへんって言うてたし、あそこしかやってなかったからね」

「足元がまだおぼつかんのよね・・」

「あいつは不器用やったからね~」

「感情のコントロールが下手なんよね・・・」

「あいつはもうキレたらどうしょうもないからね、うちでもキレたら放ったらかしでしたよ」

預かった以上はそこを変えて行くのが毒コーチの仕事

でもね、びっくりするんやけどその弱点に子供たちが気付いてないのよ・・・

「お前は足が速い、でももっと頭を使えば今よりもっと速くなる、サッカーはただ速いだけではなくてその速さを生かしたいなら、頭の回転も速くしろ、そしたら誰も追いつかれへん」

「は?」みたいな感じ

よーいドンの競争で競り勝つことしかやってへん、フライングスタートを教えてへん

ポジションを1か所しかやってないのも問題

毒コーチのチーム中学生でもグルグル回す、最低でも2か所、出来る奴は11か所

それぞれのポジションで成功を経験するまではしっかりやってもらう

それは必ず自分のやりたい場所で生きてくるから、可能性も拡がるしね

1か所しかやってないからプレーに幅がないことにも気づいてない

感情のコントロールやって小学生の間からトレーニングしたら、そこまでならへんやろ?

こいつの怒りと向き合ってきたか?

真剣に話を聞いて聞いて聞き続けたら「自分がキレてるのは周りが悪い、自分を理解してないって」考えるクセがあることに気づいて、言葉の使い方に原因があることに気づきはじめたで

弱点が分かってるなら、子供たちが理解できる言葉で伝えてやってくれ

知ってるだけでもだいぶ違うねん、それを一緒に変える努力は責任もって引き受けるわ

いやいや、どんな奴でも引き受けて頑張りますよ!

せめて自分の育てた選手をバカにすんのだけはやめときや、ホンマに!

このバッキャンロ―――!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

【PR】最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】当たったらブログ辞める

【PR】子供の習い事の口コミサイト Sponara

ツールバーへスキップ