褒めるコーチング 

シェアしたる

褒める 叱る コーチング 子育て

涼しくなったねぇ~

涼しくなると夏が恋しくならへん??毒コーチは冬よりも夏が好き

殴り込みのペンネームのセンスがない人がたまにおるんよ・・・

名前でウケ狙いなんてもう勘弁してチョンマゲやで

      スポンサーリンク

褒める指導、褒める子育て

毒コーチを応援してくれてる人ならご存知かもしれないけど、毒コーチは褒めて育てるを全面的には認めてない

「褒め魔性教育」と呼んで、今の子供たちを「褒められ世代」と呼んでる

少し前に受けた指導者講習会でもコーチングについてのレクチャーがあった

その時見せられたのは、毒コーチの地域では結構名前を聞くこともあるトレセンの指導者のコーチングの動画

丁寧に研修用に編集されてたわ、つまりいろんな所で見せるつもりなんやろう??

見てびっくり!!

まぁうるさい、ひたすら褒めてる

1つのトレーニングに目的は1つのはずやけどそりゃ褒め倒す

「んん~ナイス!!」

「今の最初の1歩良かったね!」

「そう!そういう気持ちのあるプレー!!」

「そう!よく見てた!トラップの方向が良かったね」

・・・・・

「ピーーーー!ストップ!!

今、パスを出した後の動きはどうかな?蹴り足が最初の1歩になってたかな??」

もう!!何が言いたいねん!!何を変えたいねん!!

散々褒められて、突然のダメ出し訳が分からんわ!!

例えば子供に勉強を教える時に

「そう!最初に名前を忘れずに書いたね!いいよ~」

「そう!この字バランスがいいよね~」

「んん!!筆圧もいい!!」

「OK!!段落を変えた時は1文字下げたね!GOOD」

「なるほど、こないだ海に行った時の作文やね!いい判断!!」

ピーーーー!!

「海に行った行程を書くんじゃなくて、もっと海で楽しかった事を1つ掘り下げた方が面白いよね??」

途中で「うるさい!黙れ!」って子供に言われそうやでな

それなら最初から「海に行った時に一番印象に残ったことを詳しく書いてみようか?」

焦点を定めてから

なるほど、岩の陰に隠れてるカニを捕まえるのが面白かったんやね

いいやん!光景が目に浮かぶ

ならもっと読んだ人が分かるようにしようと思ったら、色を文章に入れても面白いかもね??

焦点絞ってその課題について褒めないとアカンと思うで

ピンポイントで褒める+改善要求を付け加える

そしたら子供も改善に目が向くし、改善にやる気がでるよ

ホンマに褒めりゃ伸びるってもんやないねん!

指導、子育てにおいて「褒める」は最も重要なのは間違いない!

でもその使い方間違えて広がっていってるような気がするわ・・・
このバッキャンロ―――!!

少年サッカーのブログランキングに参加しています。

少年サッカー部門でまさかの人気、なんでこんなブログが人気あるねん?
こいつクソ指導者やな!と思ったら下のバナーで1票お願いします。

【PR】スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)

【PR】インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」

ツールバーへスキップ