シュートの原則

シェアしたる

おはようございます、毒コーチです

確定申告の時期ですね・・・・

今日もくだらない話、くだばな

シュートの原則

ついこないだ、シュートが決まらない理由の1つに指導者言葉がプレッシャーになって影響してないか?って話を書きました

そしたら

FWは点を獲るポジションなので、常にプレッシャーがある

指導者の言葉ぐらいで決められないないならFWの適正がないんじゃない?

たぶん要約するとこんな内容の殴り込みが来たんやけど、文章がちょっと分かりづらかった・・・

確かにFWはプレッシャーのかかるポジションかもしれん、結果が求められるし結果が得点という数字で表れるように見える

だからと言って指導者が点を獲れない事の責任をFWに押し付けるのは違うんじゃない?

シュートに対するコーチングだって「シュートの原理原則」に従えば、そんなプレッシャーをかけずに変えることができるはず

1)ボールを奪った瞬間からシュートを意識すること

 自分がボールを奪ったらシュートまでの道を描くこと、味方がボールを奪ったらシュートを打てる場所にポジションをとること

2)シュートに考えを加えること

 GKが触れないコースに蹴る、GKが予想してないタイミングで蹴る

 GKの予想を超える強さ、速さで蹴る

シュートが打てなければ、入らなければ

何が問題なのか?それに気づけるようにコーチングすればいい

それでも入らなければ練習するしかない

原理原則があって、さらにシュートを打つためにはDF、GKとの駆け引きが重要で、それが最高に楽しい

駆け引きは思考の戦い、プレッシャーがかかると思考回路は停止する

だから外部からのプレッシャーなんて絶対に必要ない

このバッキャンロ―――!!

毒コーチのLINEスタンプ 絶賛発売中!

↓↓毒コーチのブログの応援ボタンですm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

毒コーチ推奨DVD
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

ツールバーへスキップ