小学生のサッカー戦術

シェアしたる

おはようございます、毒コーチです

 

毒コーチのLINEスタンプの使用頻度が徐々にUPしてます

ありがとうございます

 

今日もくだらない話

 

準備

小学生にも無駄ではないのね戦術の話って

 

小学生はこれからの基礎となるべく止める、蹴る、運ぶ

これを徹底的に鍛えて技術のレベルをあげる

体を動かすことにかかる脳の負担を減らして考える余裕と時間をつくる

ことがホンマに大事

 

それでもサッカーですから、それぞれが好きな場所でバラバラに動いていてはどーーーにもならん、そこにはある一定の約束事がある

 

毒コーチは子供たちと試合を見る時にダラダラと戦術の話をする

小学校3,4年生になったらそれなりにしっかり話すように意識してる

 

「これは3-3-1対3-3-1の対決やね、こうなってくるとシステムがお互い同じやから、どこに選手の力の差があるか見てみようか」

「誰が上手い?誰がちょっと難しそうにやってる?」

 

「これは3-2-2対2-4-1やね、これは面白いどっちも特徴があるからね」

「2-4-1はどの場所が有利?3-2-2はどこが有利?」

 

こんな話を子供たちと繰り返してると、5,6年生になったら

相手の特徴、長所に短所をサッカーを見ながら考えられるようになる

 

試合中のコーチングも理解しやすくなるしね

自分試合中に戦術の話をするよりも、落ち着いて聞いてないようで聞いてくれるから、コツコツやってたら効果はあるよ

 

右・左・前・後が理解できないやつもおるけどね!!

 

 

このバッキャンロ―――!!

 

by カエレバ



にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村  

毒コーチ推奨DVD
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

 

ツールバーへスキップ