時が経てば

シェアしたる

お世話になります、毒コーチです

 

大気が不安定ですね

 

今日もくだらない話、くだばな

 

時が経てば

「家は3回経てないと」「孫を育てるようになって分かる」

経験者は自分の失敗を振り返って、そんな時はこうするべきだと教えてくれる

経験してるだけに同じような事があれば余裕をもって対応できる

 

でも子育てだって、マイホームだって一生ものでほとんどの人が1回ぐらいしか経験できない

だからアドバイスを聞きながら、今できる自分の一生懸命でやるしかない

 

こんな先輩ママからの殴り込みを読んで見て欲しい

 

少年サッカーにかかわり10年、息子たちも高校・中学とコマを進め、サッカーを続けている今。
繰りかえされる少年サッカー父兄の悩みをあるあるなネタに感じられるようになりました。

先日高校生の息子が校内の歯科検診結果を持ち帰ってきました。

虫歯なし!治療跡なし!

幼児の時、歯磨きを嫌がる息子を羽交い絞めし、悪戦苦闘していた日々・・・。
まさか10年以上たってから、その苦労が報われるとは!
少なくとも親に養育されるあと数年は歯科治療は不要!!!
社会に出た際は後は自己責任です(笑)
で、思ったのは、少年サッカー時代、親があれこれ悩み苦悩していたが、いまだ息子たちは自らの意思でサッカーを続けてると言う事実。
あれだけ土日平日とフルにサッカーに付き合い、時間もお金もかけ
「俺、サッカーやめるわ」とどこかのタイミングであっさり言われてたら・・・。
あ~、これが見返りなのかと。
子育てもサッカーも同じ。
10年、20年と長い年月を掛け、子供たちからの無形のお返しがくるのかと・・・。
目の前の不満、悩みは一時の点であると。

と言いつつも、泥ソックス自分で洗え、スパイク干せや、えっ、明日6時まで送ってけって?じゃ、わたしゃ、何時に起きるのよ?(怒)、交通費くれって?昨日渡したよね?(怒)

 

今やってることの答えなんて、10年20年、もしかしたら死ぬまで分からへんかもしれへん

だけど、10年、20年先の息子が娘がどんな人間になって、どんな幸せを掴んで欲しいのかは思い描けるはず

 

子供の幸せを真剣に考えた時、ほとんどの人が

「プロのサッカー選手になって大金持ち」とは思わへんやろう

 

もっともっと大事なことを願うやろ?

 

そこがあんたの子育ての芯やからね、ブレるなよ!

 

このバッキャンロ―――!!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村  

毒コーチ推奨DVD
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

ツールバーへスキップ