1mの違い これに気付くか気付かないか?

シェアしたる

メジャー 少年サッカー ピッチ 練習

ブログ教室がめちゃくちゃ面白いんよ~

受講生増やしたい!けど今の生徒さんたちがカッコよく書けるまでは我慢しようか?

どうしても!って人は殴り込みから連絡ください

1mの違い

保護者のみなさん、普段のトレーニングでサッカーの指導者が1mの違いを意識してるの知ってた?

(意識してない指導者もいますけど・・・)

たった1m、されど1mなんよ、ホンマ

指導者が1mの違いを意識してるのはマーカーを置く距離

1m変えるだけで、プレッシャーの強さも全然変わってくるんよ

トレーニングの目的に応じて出したい現象がでるように、グリッド(マーカーで作った四角)の大きさを考える。

ポゼッションの練習なんかは繊細でよく分かるけど、ただのパス練習でも大きさはすごく大事

1mどころか50㎝ずらすこともあるぐらい大事なことなんよ、ホンマ

トレーニングが上手く回らない、面白くない時は、トレーニングメニューの内容ではなく

人数と選手の技術、技術の差を考慮したグリッドの大きさが上手く作れてないこともよくある。

上手くいかないから「しっかりやれ!!」と怒鳴る前に、自分のセッティングは状況に適してるか?それを考えなアカンねん。

そして、トレーニングの途中でもササッっと大きさを変えてしまう!

「判断して変える勇気」これも指導者にとっては非常に大事なことなんよ。

サッカーの指導者にとっては当たり前のことなんやけど、大事なことなんで書いてみました。

魔法のトレーニングメニューなんてホンマにないから、こういう小さなこと検討してるかどうかの積み重ねが、魔法をかけたような成果につながるんやと思うよ

人が考えて置いたマーカーを練習前の遊びでそこらじゅうに蹴り上げやがって!!
このバッキャンロ―――!!

少年サッカーのブログランキングに参加しています。

少年サッカー部門でまさかの人気、なんでこんなブログが人気あるねん?
こいつクソ指導者やな!と思ったら下のバナーで1票お願いします。


にほんブログ村

【PR】前橋育英高等学校のトレーニングDVD

【PR】次代を担うプレーヤー養成プログラム ~FC東京U-15むさしのチームプラクティス

ツールバーへスキップ