怪我

シェアしたる

お疲れ様です、毒コーチです

久しぶりに「ちばりよ~」「ひやみかち!」と意味の分からん言葉の殴り込みを頂きました。ちばります

今日もくだらない那覇市、くだなは

怪我

サッカーは接触のあるスポーツなのでどーしても怪我がある

それ以外にも、やり過ぎてスポーツ傷害になったり

怪我にも技術が少なからず影響していて、技術が足りないのを無理やりの力で補おうとするから怪我をしやすい選手もいる

そんなやり方してたら怪我するよ~ってやつね

怪我に関しては「しょうがない」、怪我もチャンスに変えて、できることしっかりやって、治してからしっかり頑張ろう!

としか言いようがないんやけど

時々「怪我をさせられた」と不満をいう人もいるらしい

こないだ近くのチームの監督と話をしてたら

「保護者に「息子を怪我させたやろ!」ってえらい剣幕で怒られてね・・・・」ってぼやいてた

それは大変やな~と思いながら話を聞いてたけど

その監督に「怪我した時にちゃんと報告した?」って聞いたら

「選手には言うとけよ」って言ったって言うんよね・・・

もう!だから怒って来るねん!アホちゃうか!

そもそも選手、子供に伝えておきなさいなんて伝達方法でもなんでもないからね

伝わらない可能性、ねじ曲がって伝わる可能性の方が高い

ちゃんとあんたが「いつ、何をして、どこを怪我して、その後どうしたのか」

を伝えないと

いつの間にか怒りが添加物となって

「怪我をさせられた」という言葉になってしまうんよ

ホンマに問題の多くはコミュニケーション不足

保護者との距離間の失敗

そればっかりやでな

この、ふらーあらにー!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

毒コーチ推奨DVD
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
ツールバーへスキップ