そんな捉え方?

シェアしたる

お世話になります、毒コーチです

関西スーパーカップってスーパーの意味を違うように捉えてる人がおるよね

今日もくだらない話、くだばな

そんな捉えかた?

今日はこんな毒者からの殴り込み

申し訳ないけど、応援してくれる毒者に向かっても毒を吐くのが毒コーチ

先日書いた「前プレ」の記事に関しての感想

おはようございます。
今日のブログ

>もっと大事なのは後方の選手の連動なのに、後方の選手は全くパスコースを限定しにいってないし、そもそもインターセプトすら狙ってない

一方的にボールを回されて走り回らされるだけ

大事な大事なカウンターのチャンスにはFWはもう走れなくなって
————————————————————
うちの子はFWとか、トップとかすることはないんですが、年のせいかジワッとしました。
チームの子はまさにのような子?戦術?です。
後ろの子は何も出来ていない、見守りコーチかって思うこともあります。
トップとかになる子は勝気な性格のような子が選ばれやすいような気がするので
性格が原因となる気がしますが、もっと指導者は平等に指導してほしい誰かだけが負担するじゃなくて、みんなで走りチームワークの大切さを教えてほしいなと思う、コーチ任せの保護者からでした以上。

なんかちょっと違う、大きくじゃないけど

「戎橋筋」と「心斎橋筋」ぐらいの差かなぁ~

FWの選手以外が何もしてない、性格が向かっていく性格じゃないとか

選手を平等に指導して欲しい

そんなこと言い出したら、それはチームの選手、指導者へのただの不満であって

「前プレ」の記事をきっかけに自分の今まで溜めた不満を吐き出したみたいに感じる。

毒コーチはこの記事を熱中症と戦術を絡めて話をしたかったわけで

「攻撃的な守備」「組織の連動した動き」「熱中症」

に重きをおいて「選手の運動量」「指導方法」に関してはより身近な話に感じるように着色した感じ

こんな感じで指導者と保護者って同じものを見て、同じ話を聞いて、ありのままに伝えても

どっかで違う捉え方になることもあるんやろうな~

これまたえぇ勉強になったわ~と思いました

こんなやり取りでお互いを少しづつ深めて、違う意見、捉え方を許容できるようになっていかんとアカンでな

このバッキャンロ―――!!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

毒コーチ推奨DVD
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
ツールバーへスキップ