同じような状況、考え方の違い

シェアしたる

お世話になります、毒コーチです

こたつはゴールデンウィークが終わったら納める

今日もくだらない話、くだばな

同じような状況

試合に出れない選手の親が陥る負のスパイラルの典型

またバカ野郎が・・・と思って読んでました

こんな殴り込み

この週末にあった大会の予選で、見事 チームは予選突破。
二日目の試合ではPKを制したのもあり、大盛り上がりでした。
息子の先輩や幼馴染、チームメイトの子が活躍するのが 楽しく 私も応援に熱が入りましたが、終わって気付けば息子 2日間4試合中、出場出来たのは
足をつった子の代わりに出た1、2分間のみ。しかも私は、トイレに行ってて
見れず。
こんなに出れなかったのは 息子のみ。
そんな風には 見えないけど 悔しいだろうなと、私からは 何も触れず。
祝勝会に 行くのも さすがに今回は渋るかなと思いきや

「いぇーい!行ってくるぜぇ!」って。
… この状況って いいんですかね?
私も祝勝会 行きます!と返事しようとして、いや待って、息子 何も貢献してないのに 行っていいものか?と、結局 息子のみ行かせました。

時間が経つにつれ、チームが勝った喜びと、出れて汗びっしょりの子と
綺麗なままのユニホーム着た息子が思い出されて、何とも切なくなりました。

それで周りを非難しようとは思わないけど、今から下も入ってくる
親子で もっと切ない状況になるかもな。
でも、きっと 息子は 今までどおりなんの不満も言わず

「サッカー最高!」って言うんだろうなって思います。

下手でも、チームにいて いいんですかね?
きっと コーチや 他の保護者に愚痴る親だって、そこなんじゃないかな。
自分も息子も、チームに必要だよって言われたいだけなんじゃないかなぁ。

長いだけかー!!毒コーチに突っ込まれそう!

同じような内容がずーーーーと昔に届いてたのを思い出したけど、殴り込みを探しても見つかりませんでした。

でも確かに覚えてるのは

何かの大会でチームが勝利した日

試合に出てない息子、帰りの車では泣いて情けないと話していた

それでも祝勝会には行くと言ったので私も一緒に祝勝会に行きました。

楽しそうにする息子、このチームにいてもいいのかな?と不安を抱える私

でもチームのみんなは私も息子も受け入れてくれてる。

もう少し頑張ろう!

試合に出れない、出ても5分以内、勝敗が決まった試合

そんな選手は日本中に、世界中にいくらでもおると思うよ

指導者はそんな選手にも出場機会を作る、環境を整えることを必死で考えてやってます

そんな選手がいるからこそ、指導者はやりがいがあるんです。

どーしようもない・・・って思う事だってあるよ

それでもチームにおってくれる限りは諦めへんねん!

子供らが最後の1秒まで「負けたくない」って必死でボールを追いかけるのと一緒

諦めへんねん!

その指導者の背中を見て子供たちが学ぶことも多い、試合に出れてない選手から学ぶことだって山ほどある

悩んだ時は基礎に立ち返る!

息子は真っすぐチームの中で自分の目的を果たそうとしてるやん

「サッカーが好き」サッカーやりたい!

あんたが息子にサッカーをやらせてる目的はなに?

「プロのサッカー選手にしたい」「チームで1番上手い選手にしたい」

そうではなくない?

「息子が一生懸命にやろうとしてることを応援したい」

これやろ?

そう考えたら下手でもなんでもいい、チームでサッカーができることを幸せに思えるやろ?

続けろ!その先に必ず得られるものがあるから

このバッキャンロ―――!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

【PR】最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】当たったらブログ辞める

ツールバーへスキップ