みんなこんな感じ

シェアしたる

おはようございます、毒コーチです

疲れ果ててまして、また更新をサボってましたすみません!

今日もくだらないお話

その思いの核は?

サッカーは点を獲るところがかっこいい!

間違いない

でもそれ以外にも魅力的なところが山ほどあるんよね

だからフットボールがこんなに世界で愛されてる

我が子を愛してるからサッカーを見てる、見張ってる人にはそこが理解できないんかもしれへん

うちの子はドリブルがちょっとまだいまいちなので、スクールに通っています。

そのスクールでは自分で打開することを重視しています。

ですが、ゲームの時間になると、うちの子は他の子が攻撃に行ってしまうので上がりすぎず後ろで用心しています。

それは攻められた時のことを考えているんですが、これだといつまでたっても自分で攻撃する練習にならないんじゃないかと心配になります。

もっと自分の課題に集中してほしいですが、ちょっとしたゲームでも負けないためにチームのために守備をするのもいいことだとも思います。

ただのミニゲームなんだから勝ち負けにはこだわらずドリブルでチャレンジしなさいとか言うのは、良くないのでしょうか??

ドリブルがちょっとまだいまいちなのでスクールに通わせてます

せっかくドリブルが上手くなるためにスクールに通わせてるのに、ドリブルで突破する姿を見せて私を安心させてくれません

もっと私が決めた課題に集中して欲しいのですが・・・

守備が必要なのは分かっていますが、息子がドリブルで相手をかわして点を獲る姿が見たいです。

毒コーチ、ケンカを売っております

文章っていろんな深読みができるから、そんな風に捉えてしまうこともできるんよね

恐ろしい

幼い頃から守備が好きな選手もおるわけで、ドリブルが上手くても守備的な選手もおるし

ドリブルが下手なのに攻撃的な選手もおる

トレーニングしたことを試合で使わない限りできるようにはならへんけども

好きなようにやったらえぇねん

ドリブルに特化したスクールで守備をやれば、簡単には突破でけへん選手になるやろうし

「ドリブル・ドリブル」

言われたら言われるほど、子供はそれに苦手意識を持つし練習したがらへんようになるし

チャレンジせんようになる

ピッチの上の我が子はラジコンではないで

このバッキャンロ―――!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

【PR】最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】当たったらブログ辞める

ツールバーへスキップ