選ばれるの考え方!

シェアしたる

おはようございます、毒コーチです

顔がデカい指導者は襟付きでボタンを1つ外してVネックみたいした方が、まだ見れるよ

今日はこんな奴は選ぶ選ばないにも入ってないって話

少年サッカー 選ばれない

縦割り班の毒コーチのチーム

例えばU14の試合でも中3と中2と中1が1つのチームで参加する(許される時だけね)

小学生でも同じように縦割り班

同じ日に試合があればU10の試合に5年と3年生が行って、4年生がU9の試合に行ってる時もある。

外から見たら正体不明のチーム、公式戦前に試合しても戦力分析なんてできたもんじゃない

戦力分析なんてしたことないけどね

力があれば上の学年で厳しい思いをさせるし、力がなければ下の学年で成功体験をさせる

もちろん入れ替わりも頻繁にあるから両方のチャンスが来る、均等ではないけどね

そんな感じやから、子供たちは俺はどこの試合に行くのか?

全然気にしてない奴もおるし、めっちゃ気にしてる奴もおる

めっちゃ気にしてる奴はだいたい残念な感じなんよね・・・

めっちゃ気にしてる奴の考え方の特徴なんやけど

自分の今の力はどれぐらいで順番で考えたら1・2・3・・・ギリギリ選ばれるかな?

そんな風に考えてる+自己評価高い

ぜんぜんギリギリとちゃうねんなぁ・・・

ほんでもって選ばれないことをチャンスにできない

今の自分で選ばれることを望んでるからね

順番ばっかり気にしてギリギリでもえぇから選ばれることに価値もってるからアカンねん

「選ばれる」なんてサッカーが上手になれば、努力をすればいつかついてくる結果であって

その過程が大事なのに、今の自分で選ばれるかどうかばっかり気にして、努力せぇへんから上手くならへん。

努力してその結果が見えた時

毒コーチは少々の力不足でもそいつを選ぶ、ほんでもって

「まだ、足らんなぁ~もう1回頑張るしかないでな」

これで頑張りが継続できる。

子供の考え方は親の考え方

選ばれる、選ばれへんの考え方、大人が一喜一憂せんとしっかりと子供たちに伝えなアカンで

このバッキャンロ―――!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

【PR】最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】当たったらブログ辞める

ツールバーへスキップ