円陣でエンジン全開にしてる?

シェアしたる

子ども 円陣

「絶対勝つぞ!おおーーーーー!!」

いや、無理や相手が強すぎる・・・って思ったことあるやん?

「必勝!!勝利!!OOOOOファイトー!!」

あれもなんかね~好きじゃないって人も多いんじゃない?

円陣で大事なことって何なんやろ?

戦闘態勢に入ってる子供たち、円陣組んでエンジン全開になるんやけど

「気を付け!礼!お願いします!!」で子供たちは戦闘態勢、気持ちは十分高まってる

スポーツでよいパフォーマンスを発揮するのに禁物な過緊張にする必要はないねん

絶対勝つ?そんな無茶な・・・負ける時だってあるやん

毒コーチはあの円陣に必要なことは

「冷静になること」「普段の状態に近づけること」なんちゃうかな?と思ってるねん

円陣組んで子供たちにいつも確認させることは

・「次に何が起こるか考えて動こうな」

・「仲間の失敗は許すそうな」

これ、緊張状態では難しいんよね・・・

だからこそ最後に「リラックスしてやろうな」って、子供たちに脱力させるようにしてる。

なんなら円陣の時に「ボケてもえぇよ」ってね、最後は一応「さぁ!行こう」って締めてるけどね。

円陣が解けてポジションにつく時に子供たちが笑って会話しながら動いてる

そんな状態の時は結構いいプレーがでるよ

戦う気持ちも大事やけど、子供たちに戦う気持ちを植え付けるのは練習の時に指導者がどれだけ子供の気持ちを高ぶらせるか

試合はその能力を発揮する為にできるだけ普段通りにできたらえぇんちゃうかな?

「円陣でリラックス」真逆の考え方かもしれんけど、毒コーチが推奨しているやり方です。

でも、常にリラックスし過ぎてるか、常にケンカ上等みたいな宇宙人ばっかりやから、何やってもあんまり効果ないわ!!!
このバッキャンロ―――!!

少年サッカーのブログランキングに参加しています。

少年サッカー部門でまさかの人気、なんでこんなブログが人気あるねん?
こいつクソ指導者やな!と思ったら下のバナーで1票お願いします。


にほんブログ村

【PR】前橋育英高等学校のトレーニングDVD

【PR】次代を担うプレーヤー養成プログラム ~FC東京U-15むさしのチームプラクティス

ツールバーへスキップ