問題を作る勉強法

シェアしたる

おはようございます、毒コーチです

 

もう800以上も記事を書き続けていることに気づきました

同時に進歩がないことにも気づきました・・・・

 

今日も進歩のない話、しんぽなば

 

問題を考える勉強法

毒コーチはサッカーを教えるのが仕事なので、お勉強に関しては

「ちゃんとやらんとエライことになるぞ」ぐらいしか言わない

 

でも勉強はやっぱり大事

以前にも書いたけど、スポーツ推薦で高校に行こうと思った時でも

5教科300点は切らないで欲しいと言われることもある

 

昔みたいに「脳ミソ筋肉」ではアカン時代になってきた

 

そんなことを考えていた時

ジュニアユースの選手達が奇跡的に勉強の話をしてたので、話を聞いてみた

「世界4大文明はなんでしょう?」

「メソポタミア!」「エジプト!」「黄河!」「インダス!」

「正解!!」

「やるな~」

 

こんな感じでそこで毒コーチから問題

「答えがメソポタミア文明になる問題を作りなさい」

子供たちは「え・・・・・チグリス、ユーフラテス川の・・・」

 

単語だけ覚えるから抜けていく、その答えにまつわる知識があるから単語は抜けていかない

 

「止める」「蹴る」「運ぶ」

答えが「止める」になるトレーニングを考えなさい、っていうのも同じ

 

止めるをコツコツと練習する、書いて覚えるような作業も重要やけど

いろんな状況の中で「止める」がいかに重要なのか?ってことを理解できる環境を作らんとアカン

 

問題を解くことも大事やけど、問題を作るって逆転の発想の勉強法も有効やと思うよ

 

テスト中にオナラする女子がいて驚き過ぎて、集中できなかった記憶が蘇ってきたわぁ

このバッキャンロ―――!!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村  

毒コーチ推奨DVD
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

ツールバーへスキップ